釣り

2011年4月14日 (木)

今年初入渓!in クルソン峡

今日は、リフレッシュ休暇をいただき、
米ちゃん、なかピ〜の今年、解禁初の渓流釣行に行ってきました!!

この日をどれだけ待ったか!
01
 
最近の渇水で、川の水も少なく、コンディションはイマイチだったが、
僕らにはそんなの関係ない!
02
 
04
  
03
 
日頃のストレスが抜けていく!
06
 
12
 
07
 
途中みんなコケたり、笑ったり、
08
 
10
 
13
 
上流をひたすら目指す!
14
 
16

考える事はこの先の渓装と、魚の事だけ!
 
18
 
20


楽しい!やっぱり楽しい!

月末はいよいよ、年に一度の五ヶ瀬釣旅行!
今年はメンバーも1人増えさらに楽しくなりそう!!

あ〜、最高じゃ!


19


2010年1月29日 (金)

サーベルフィッシュ

昨晩、今絶好調との話を聞き、太刀魚釣りに行ってきました!

平日にも関わらず、、、

港へ着くと、たくさんのアングラーが。

これは期待できる!

開始20分で↓

1_29tatiuo

小ぶりながらも、から揚げには最高のサイズ!

気軽に行け、時合いなら簡単に釣れます。

結構お勧めですよ!

 

 

2010年1月26日 (火)

解禁を待ちわびて

このブログを始めてまだ4ヶ月という事もあり、
紹介していなかった趣味。
そう、毎年3月から9月までの6ヶ月だけ解禁となる、
渓流・源流釣り。

1_26gen5

   

この釣りを始めて今年が3年目と、まだまだ新米。
ただ言えるのはかなり危険な釣行だという事。
 
毎回必ず思う事は、ここで足を滑らせたら。。。
 
装備もままならぬ状態で山に入り、
崖を上り、滝を上り、
何度もヒヤっ!とした事がある。
 

1_26gen3

そして渓流から源流を目指し、ひたすら谷を登山するわけで、
入渓して1時間もすれば、文明の息がまったくかかっていない、
そこはもののけ達の領域。
   

1_26gen1

そのパワーたるや、美しさ、壮大さに魅了され、
何度も何度も、魚がいるかわからない源流を目指す。

1_26gen2

完全に自然に身を任せた時、
五感が究極に働き始め、
とめどなく流れる水音にも関わらず、
なぜか、「あそこに奴がいる」とピンポイントでルアーを投げる。
狙いどうりのラインを水流を計算しながらリトリーブ、
そう、あの瞬間だ。

1_26gen4

   

   

やばい。3月まで待てるかしら。。。

1_26gen6

2009年12月 7日 (月)

纏めて日記。(すんません)

毎週、毎週、纏めての日記ですみません。

だって、遊びが忙しくて、忙しくて、

疲れ果てたあげく、夜になると、すぐ寝ちゃうんです。

            

土曜日は朝から、いや、夜中の2時に起床。

「何故目が覚めた?!」そう呟きながら、外を見ると、

月明りでかなり明るく、しかも干潮!これから満ち込み。

う~ん。。。    釣れそう。。。

よし!

      

なぜか、ロックフィッシュを釣りたくなった。

しかもBIGサイズを!

    

一応、餌も用意し、とある消波ブロック地帯へ。

早速、ワームにて探るも波がそこそこあったせいか、

根ガカリが連発。

餌(ボイルエビ)が溶けるのを待ち、餌にて投入!

よく、キビナゴが良く釣れると聴きますが、

餌持や、テトラをクライミングする事を考えると、

ボイルエビが一番良い気がする。

      

すると、いきなり強烈な当たり!

根魚用のライトタックルが強烈に曲がる!

テトラに入られない様に慎重にやり取りし、

上がってきたのはなんと!

       

高級魚 「シブ鯛」 (関東呼名:フエ鯛)  30cm

嬉しい下道!

      

あとは目標のBIGカサゴ!

しかし、当たりはあるものの、サイズが小さい。。。

波乗りの事も考え、納竿5:30と決め、ひたすら狙ってみた!

       

5:15。納竿15分前。

かなり深めを狙った所、

強烈な当たり!

今までの物とは確実に違う!

何度かテトラに間に入られ、なかなか上がってこない。

慎重に根ズレに注意しながら、

上げると、「カサゴ」 28cm!

釣り上げた瞬間、誰もいない海の真中で、

歓喜の声を上げてしまった。

↓釣果

12_5kasago

       

朝から満足し、早朝のサーフィンへ。

米ちゃんと川崎さんと合流し、いつものポイントへ。

満潮前後30分はちょっとタルめで割れ辛かったが、

それ以外はそこそこ良い波でした!

    

セット:肩

風:オフショア

12_5nami

(携帯カメラの為小さくてごめんなさい。)

そして、10年ぶりに↓

12_5pama

パーマ当てちゃいました!

YADOKARI美容室赤江店。

http://yadokari.lolipop.jp/akae.html

小学校の時からの友人 津曲君が働いてます。

 

夜は米ちゃんと、釣った魚を食べながら、酔っ払い、

K-1見ながら、就寝。。。

いやはや、良い1日でした。

 

そして日曜日。

朝から、市北のポイントへサーフィンしに言ってきました。

なぜ市北まで行ったかというと、

最近、良い波ながらも、リーフブレイクや、タルいビーチブレイクしかやってない気がして、

久々に掘れ上がりショルダーの張るビーチブレイクが体験したく、とあるポイントへ。

満潮だった為、そこまでグリグリにはなっていなかったが、

やはりパワーのあるポイント。

宮崎が誇るべきポイントだと改めて認識しました!

(写真が無くてすみません。)

 

昼を過ぎてもオフショアが吹き続けている。

明日は極寒の予報。

これはもしかするともしかするかも。

15:00干潮。

満ち込みを狙い、いざホームポイントへ!

もしかした!

セット 肩~頭の極上ウェーブ!

またカメラを忘れてしまった。。。

12_6nami

時間が経つにつれ、

セットの数が減り、

少しダンパー気味になったが、

全然問題無し!言う事無しのGood Waveでした!

   

      

      

P.S 禁煙7日目!   なんだか余裕になってきました。

      

   

   

2009年11月 1日 (日)

日曜

今日は日曜日。
昨日はそこそこ良い波でサイズは肩〜頭ぐらいのファンウェーブ。

やっぱ早朝サーフィンは気持ちいいです。

10_31 

その後、釣りに行くも男3人でなんとボウズ。。。

11_1
一度だけ、某河口で大きめのヒラメがヒットしましたが、
ランディング途中で痛恨のバラし。悔しい!!

ランディング寸前のバラシって、よくある事なんですが、

一番悔しいですよね。。。

今日はというと、天気は雨。。。
昨日よりサイズは下がったものの、
胸〜肩のいい波。

肩を痛めてますが、のんびり入るにはいいサイズ!

夕方も某リーフポイントで、

肩ぐらいの波を堪能し、週末を終えました。

11_1iruka 

明日から、月曜日。。。

しかも火曜あたりから寒くなる予報です。

お気を付けください。

2009年10月13日 (火)

THE DAY。

10/12 (月) 3連休最終日。

記憶に残る日になった。

波は期待できないと思いながらも、早朝チェックに行ってみると、

そこそこ良い波!セットは胸~肩ぐらい。

10_12nami

でも大会の影響からか人がわんさか。。。

そこでいつもは覗かない市北のポイントへ行ってみると、

肩ぐらいのホレホレブレイクが!

しかも人数4人のみ!

久々のパワーブレイクに満足しました!

その後、せっかく市北まで来たので、

前から気になってた河口へチヌ釣りに向かってみる。

しかし川が濁っており、生命感が無い。。。

「潮は良いはず。」と思い、

隣の川へ移動。

移動して3投目。。。

Tinu1

狙い通り、チヌGET!

35cm。トップウォーターに強烈にアタックしてきた。

やっぱ釣りは面白い!

その夜、

Tinu

美味しくいただきました!

しかも夕方たまたま通りかかった日南のリーフポイントがキマっており、

胸~肩の貸切。

最高の1日でした。

2009年10月 3日 (土)

Good Morning !

Good Morning !
やっと来た!週末。
朝一から海へ来ましたが、波はイマイチサイズがなく、インサイドブレイクのみ。

少し明るくなり、米ちゃんと合流し話し合った結果、他のポイントへ移動する事に。

お馴染みリーフポイントをチェックするも同様に割れづらく、まとまりが無い。。。

ならば釣りじゃ!

1時間ほど内海港でルアーを投げ、釣果はエバ1匹・コトヒキ1匹・カマス1匹。

Kamasu_2

最近ホント釣れてます。

その後。。。

サーフィンを諦めきれない僕は再度、夜明けを迎えたビーチへ。

なんと!潮が引き、割れ始めてるぅ!  しかも貸切ぃ!

サイズはセットで胸~肩。

そこそこ纏まりもあり、ほぼポイントブレイク だったので、いろんな練習ができかなり楽しめました!

波の写真は後程UPしますね!

Img_5910_9

2009年9月29日 (火)

最初の記事

昨日開設して、今日は平日で仕事の日。
せっかくなんで何か書きたいじゃないですか!
という事で、9月27日早朝に出会った珍魚を紹介します。

アカメという魚を知ってますか?
宮崎県、高知県に生息する魚で、磯や河口域に生息する希少種です。

この日の早朝、サーフィンをしにとあるビーチへ行ってみると波はいまいち。。。
近くのリーフもどうも波に纏まりが無く入水する気にならなかった僕は、
友人の米ちゃんと近くの河口へ。。。
風も無く、水面が鏡の様に澄みきっていた。
2分程眺めると、

ゴボっ!   ゴボっ!

「何かいるね。」
「うん。」
「エバかな?」
「たぶんね。」

でも明らかに大きい。
どっちにしろ楽しめる気がした僕らは、
車へ戻りタックルを用意してさっきの場所へ。

すると、ベイト(小魚)がいたる所で跳ねている!
エバならメタルジグか!とメタルジグを遠投するもアタリは無い。
ならばと距離を出すため、大きめのミノーを投げるが無反応。
そこで、最近マイブームのシンキングペンシルを投げた瞬間!
ラインのテンションが一気に張りドラグを緩めていたせいか、
川の対岸まで持って行かれた!

この重みはシーバスかな?と思いながらも、
まったくエラ洗いをしない。

エバかな?と思うも横に走る訳でもない。
3分程慎重にやり取りし、上がってきたのがこの魚。

 Akame

アカメである。
このサイズであのファイト。
また釣りたい!

フォトアルバム
Powered by Six Apart

Facebook

  • ii-nami.com の Facebook

Tide Graph